中古車の実際の買取の手順について、書いていきます。

車買取査定ランキング※買取価格の相場を大暴露

MENU
 

車の買取はどういう手順で行われるか

車を買い取ってもらう手順について説明します。
某有名買取店を例に取ります。

 

買取業者によっては多少異なりますがポイントをおさえておくと
いざ、買い取ってもらった時の手続きなどが困らないのでおさえておきましょう。

 

1・車を査定してもらいます。
2・希望の金額でしたら契約をします。
3・契約書の記入やこれからの車、書類の説明があります。
次の車が納車されるまでの代車や書類をいつ揃えられるかなど細かい打ち合わせがあります。
・代車の利用の有無
・書類(印鑑証明書)などを渡す日
・車の引渡し日
・車の引き渡し方(業者が自宅まで引き取りくいくのか、店舗にお客様自身が来るのか)
・ナビ、ETCなどの取り外したい部品の有無  など。
4・基本的に商品(車本体と書類)を引き渡してからの振込になります。
・この時、先に現金をほしいと思いますが車は書類とセットで一つの商品ですので、
すべてが揃わないと振込または現金引渡しができません。
・信頼出来る買取業者さんで取引しましょう。万が一両方を渡したのに振込されないなどがあるといけません。

 

以上が大まかな流れとなります。
遺産相続などの書類がゴチャゴチャしてしまっている場合は買取業者の名義にしてからのオークション出品。
車検が近い場合は抹消手続きといってナンバープレートを一度陸運支局に返し出品。
など名義がスグに変わる場合もありますが、通常は所有者の名義のままオークションなどに出品され
3ヶ月以内には名義変更されます。(印鑑証明などの公的書類の機嫌が3ヶ月の為)

 

自分の名義からきちんと変更されたのか心配な方は、名義変更後の車検証の写しなどを貰うと良いでしょう。
次のユーザーの氏名などはお知らせできませんが車台番号が同じで、ナンバーや住所(〇〇県)などの
一部が見られるようになったものを郵送などで送ってもらえます。

 

 

また、3月中に車を買取してもらい書類も車も全て引き渡した場合、
自動車税などの税金に気をつけて下さい。
ここはよく、買取業者さんと話をしましょう。

 

書類上、4月1日に名義となっている人に自動車税はかかってきます。
もう、車を手放したのに、自動車税だけ支払うなんてバカバカしいですからね。
買取してもらう金額に自動車税分を上乗せしてもらったりして損の内容にしてください。